メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

<医療編 インタビュー①>鎌田實医師「自粛生活の食事や運動習慣、将来大きな差に」

外出機会が減り、体力や認知機能の低下を心配する諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師=東京都渋谷区で2020年11月1日、熊谷豪撮影

 コロナ禍で健康を維持するにはどうすべきか。高齢者の健康管理に詳しい長野県・諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師(72)に聞いた。【聞き手・熊谷豪】

 ――コロナ禍で医療機関の受診や検診を受ける人は減っていますか?

 ◆病院内での新型コロナ感染を恐れ受診を控える患者がいる。また、病院側もコロナ患者のために病床など医療資源を割いている。その結果、感覚的に言うと1割ぐらい患者が減っている。検診は健康作りに大切だが、「今は仕方がない」という控える空気が住民と病院の双方に生まれている。1、2年後、がんなどの病気が早期発見できずに進行した状態で見つかったり、介護が必要な状態の人が増えたりする事態になるのではないかと心配している。

 歯科も不要不急と思われているのか、受診者数が減っている。だが、虫歯治療などの口腔(こうくう)ケアは認知症の予防にもつながるという研究がある。病気になったり介護が必要になったりすると、自分自身はもちろん家族にも影響が及ぶ。医療・介護保険の財政負担が増えることにもなる。

 ――自粛生活が心身に与える影響は。

 ◆外来患者を診ていると、大きく三つのことが起きていると実感している。まず、これまで介護を必要とせず自立して生活していたのに、「何かにつかまらないと立ち上がれなくなった」と訴える高齢者が出てきた。介護が必要になる一歩手前のフレイル(虚弱)の状態だ。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1602文字)

熊谷豪

2002年入社。神戸支局などを経て2016年から、くらし医療部。厚生労働省担当を経て、現在は記者クラブに所属せず、戦後補償の他、医療や暮らしの問題などを取材。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです