特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ

「はやぶさ2」最終軌道修正に成功 カプセルは6日午前3時前に地球到着

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
地球へ向けてカプセルを投下する、小惑星探査機「はやぶさ2」の想像図=池下章裕さん提供
地球へ向けてカプセルを投下する、小惑星探査機「はやぶさ2」の想像図=池下章裕さん提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ2」の試料入りカプセルが地球へ到着するのは6日午前3時前になることを明らかにした。小惑星リュウグウの石ころが入っていると期待されており、オーストラリア南部の砂漠に着地させる。1日には帰還に向けた最後の軌道修正に成功した。

 JAXAのプロジェクトチームは1日午後4時ごろ、豪州でチームの回収隊が待ち受けるエリアにカプセルを確実に届ける軌道へ微修正するため、化学エンジンを噴射した。はやぶさ2はすでに豪ウーメラ近郊にカプセルを着地させる軌道に入っているが、この修正によって、回収対象地域をより狭い区域(150キロ×100キロ)に絞り込む。

 はやぶさ2は、5日午後2時半に地球の高度22万キロでカプセルを分離する。カプセルの姿勢を安定させるため、3秒に1回転するスピンをかけ、秒速20センチで押し出す。カプセルを分離した反動で機体の速度や姿勢に変化が出るとみられ、それらが確認されれば分離が成功したと判断できる。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文747文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集