特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

NTT西日本・藤井、西武・森がほめるスイング速度 俊足巧打で輝き 都市対抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東京都(セガサミー)-大阪市(NTT西日本)】八回裏大阪市無死、藤井が中前打を放つ=東京ドームで2020年11月30日、平川義之撮影
【東京都(セガサミー)-大阪市(NTT西日本)】八回裏大阪市無死、藤井が中前打を放つ=東京ドームで2020年11月30日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第9日の30日、準々決勝で大阪市・NTT西日本(近畿第1代表)は藤井が2安打2盗塁を決めるなど活躍したが、東京都・セガサミー(東京第3代表)に2―7で敗れ、4強入りはならなかった。

 大阪桐蔭高時代に夏の甲子園で優勝を経験した大阪市のルーキー藤井は、「悔しい気持ちでいっぱい」と振り返った。それでも「恐怖の9番打者」は、相手の警戒網をかいくぐって輝きを放った。

 2点を追う三回、四球で出塁した。直前に8番・辻本が二盗を試みて刺されていた。藤井は50メートル6秒を切る俊足だけに、足を警戒する相手のマークは厳しさを増した。…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文739文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい