メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球殿堂候補 新たに山本昌、谷繁元信両氏ら11人 水島新司氏は辞退

元プロ野球選手の山本昌さん=東京都港区で2019年11月10日、吉田航太撮影

 野球殿堂博物館は1日、2021年の野球殿堂入り候補者を発表し、プレーヤー表彰で、50歳1カ月のプロ野球史上最年長登板と49歳の最年長勝利の記録を持つ通算219勝の元中日投手、山本昌氏(55)や、歴代最多通算3021試合出場の元中日監督、谷繁元信氏(49)ら11人が新たに加わった。報道関係者などの投票で決まり、来年1月14日に発表される。

 プレーヤー表彰は引退から5年以上の選手が対象で、候補者は30人。ユニホームを脱いで6カ月以上経過した監督やコーチ、引退から21年以上経過した選手が対象のエキスパート表彰の候補者は20人で、阪急時代の1984年に外国人初の3冠王に輝いたブーマー・ウェルズ氏(66)ら5人が候補に復帰した。

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです