メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『三里塚』『ホンモノの偽物』ほか

今週の新刊

◆『三里塚』北井一夫・著(平凡社/税別3200円)

 北井一夫は1944年生まれの写真家。『三里塚』『村へ』など、ルポルタージュ性の強いシリーズ写真で知られる。64年から68年には、もっとも過激だった学生運動を撮影していた。

 『過激派の時代』は、そのフィルムを高画質のデジタル印刷で復活させた写真集。64年から68年、北井はバリケード封鎖された日大校舎で、ストライキをする学生たちと寝食を共にしながらシャッターを切り続けた。

 旗を振りながらスクラムを組むデモ隊と、彼らを阻止するため衝突する機動隊、そのヘルメットの群れ、群れ、群れ。デジタル処理されながらなお粗い粒子のモノクロ写真が、かえって息をのむ迫力を生む。怒号やシュプレヒコールが聞こえてきそうだ。その熱も。

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです