メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『イルカも泳ぐわい。』加納愛子・著

頭の中で巡る思いが自由に豊かに放たれる

◆『イルカも泳ぐわい。』加納愛子・著(筑摩書房/税別1400円)

 妄想という言葉、というか状態って、ここ最近、とっても安っぽくなったんじゃないかと思っている。頭の中で考えを膨らませる習慣がポップに「妄想癖!」などと持ち出される度、妄想って、もっと深淵(しんえん)なものだけどな、とブツクサつぶやく。

 その点、お笑いコンビ「Aマッソ」加納愛子による初めてのエッセイ集に紡がれている言葉は、頭の中にある雑念や邪念が、妄想とぶつかり合って弾(はじ)ける音がする。妄想とは、決して架空の話、にとどまるものではない。今、目の前に広がっている物事への批評にもなる。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです