メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/165 澤田瞳子 画 村田涼平

 

 これは面白くなりました、と呟(つぶや)きながら、鎌足(かまたり)が両手をこすり合わせる。かと思えば、一つ二つと指を折って何事か数えてから、忙しく額田(ぬかた)を顧みた。

「まず、肝心の歌です。遷都を寿(ことほ)ぎ、飛鳥の衆を鼓舞する歌を四、五首、すぐ作って下さい。長歌だけではなく、短歌も添えるように。その方が、誰でも口ずさみやすいですから」

 当節、人々が詠む歌は五音と七音を幾度も繰り返し、末尾を七音で結ぶ長歌が基本。ただ長歌の歌意を要約したり、その時の気分を気軽に詠み込める短歌も庶民を中心に多く詠まれており、歌を得意とする者は長歌・短歌双方を詠みこなすのが当然であった。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです