メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会 上田薫 一瞬の状況、光で描く=評・高橋咲子

「ジェリーにスプーン C」 1990年 油彩、キャンバス 埼玉県立近代美術館蔵

 近年、絵画ファンの間で写実絵画の人気が高まるなか、スーパーリアリズム(超写実主義)の画家、上田薫(1928年生まれ)の画業を紹介する展覧会が、さいたま市の埼玉県立近代美術館で開催されている。

 二つに割った卵の殻から、黄身が落ちる瞬間を描いた絵画を、美術の教科書などで一度は目にしたことがあるだろう。実物よりもずっと大きな画面に描いた「写真そっくり」の絵画。その大きさゆえに、写真との違いに目を向けさせる。

 上田の持つ絵画らしさは、作品に表れる「光」を見ていくと分かる。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです