交通安全スローガン「スピードは 視野も心も 狭くする」 警察庁長官賞に小林さん /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小林秀一さん=福島県いわき市郷ケ丘2の自宅で2020年11月17日、柿沼秀行撮影
小林秀一さん=福島県いわき市郷ケ丘2の自宅で2020年11月17日、柿沼秀行撮影

自戒を込めて作った一句

 来年の全国交通安全運動で使われる「交通安全年間スローガン」(全日本交通安全協会、毎日新聞社主催)で、いわき市の公務員、小林秀一さん(66)の作品が警察庁長官賞に選ばれた。作品に込めた願いを聞いた。【柿沼秀行】

 スピードは 視野も心も 狭くする

 長く務めた教員を定年退職した後、時間をどう使うかが大きな課題となった。市内の公民館に週3回ほど勤め、釣りや木工などの趣味もあるが、時間は余りがち。そこで「川柳なんか面白そうだ」と、公募ガイド本を買って初めて応募した作品が警察庁長官賞に。「ビギナーズラックって言うでしょう。ちょっと書いただけで、こ…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集