メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者、地域の支え手に 依頼に応え働き共生目指す 千葉 /千葉

地域住民(左)から報酬を受け取る施設利用者=千葉市内で

 重度知的障害者が通所する千葉市若葉区の生活介護型事業所「ITSUMO(いつも)」で、利用者らが地域住民からの依頼に応えて働く取り組みが注目を集めている。重度知的障害者は日常的な生活介助が必要な場合も多いが、代表の竹嶋信洋さん(44)は「地域と共生して働けることを多くの人に知ってもらいたい」と話す。

 住宅街にある事業所には、平日午後になると近所の小学生や保護者が集まる。目当ては事業所内に設置された駄菓子屋。カウンター内には事業所利用者らがいて、うれしそうに商品を袋詰めして客に差し出した。

 地域の高齢者から「庭の草取りをしてほしい」と要望があれば「ご用聞きチーム」が始動。「肥料用にカキの殻を割ってほしい」「落花生の殻をむいてほしい」との農家からの依頼や、新型コロナウイルス禍で客が減った飲食店からの配送依頼もある。施設側は依頼者から報酬を受け取り、毎月働いた分に応じて利用者に給料を支払う。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです