メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大逆事件の犠牲者描く 杉並で「太平洋食堂」上演 /東京

「太平洋食堂」の作者、嶽本あゆ美さん(右端)、演出を担当した藤井ごうさん(左端)と俳優ら=杉並区で

 幸徳秋水ら社会主義者、無政府主義者らが弾圧された大逆事件(1910年)に連座し、犠牲になった医師、大石誠之助らをモチーフにした創作劇「太平洋食堂」が2~6日、杉並区高円寺北の「座・高円寺」で上演される。今年は事件から110年。作者で劇作家の嶽本あゆ美さん(53)は「今の日本社会は、言論や思想の問題だけではなく政治腐敗、経済格差の広がりなど状況が事件当時と似ている」と語る。

 幸徳秋水と交流があった大石は、和歌山県新宮市などで活動した「新宮グループ」の一人。地元の人々に「ドクトル」と慕われ、日露戦争の開戦時に「万人が共に囲む食卓を」と食堂を開いた。舞台では、大石をモデルにした主人公の大星誠之助らが国家による思想弾圧に巻き込まれる姿を描いている。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです