連載

訪ねてみました

関西各地の気になる場所に行ってみました。

連載一覧

訪ねてみました

「忠臣蔵」ゆかりの地=兵庫県赤穂市 討ち入りの歴史ここに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤穂大石神社に建つ義士の石像=兵庫県赤穂市で、中川博史撮影
赤穂大石神社に建つ義士の石像=兵庫県赤穂市で、中川博史撮影

 <おでかけ>

 師走になり、寒さが本格化してくると「忠臣蔵」を思い出す。若い人は知らないかもしれないが、おじさんたちは知っている。そう、理不尽との闘い、忠義の物語だ。赤穂義士が討ち入りしたのは旧暦の12月14日。兵庫県赤穂市に、ゆかりの地を訪ねた。【中川博史】

 JR播州赤穂駅に降りると、どこからか「時は元禄十五年……」のナレーションが聞こえてくるような気になる。目の前の広場には、大石内蔵助の銅像が建つ。主人公にして英雄だ。

 赤穂城跡までは1キロ足らず。ぼちぼち歩いていくと「息継ぎ井戸」がある。主君・浅野内匠頭が刃傷事件で切腹したことを知らせる江戸からの2人の使者が、城内に入る前に水を一服したとのこと。のどがカラカラだったに違いない。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1179文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集