メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

第1部 くらしの風景 乳がん検診停止、不安(その1) 英医療逼迫、98万人受けられず

スーザン・ダニエルズさん=本人提供

 英西部ウェールズに住むスーザン・ダニエルズさん(60)は5月初め、シャワーを浴びている時に、左胸にある小さなしこりに気がついた。英国では50歳以上の女性は3年に1度、乳がん検診を受けられる。しかし、ダニエルズさんは3月に予定していた検診が受けられなかった。新型コロナウイルスの感染拡大で医療機関の状況が逼迫(ひっぱく)。ロックダウン(都市封鎖)で外出制限も行われ、公的な検診が中断されたためだ。

 「コロナというこれまで経験したことのない状況に医療関係者も苦労しているに違いない」。そう自分に言い聞かせ、検診が受けられなかったことは受け入れた。だが、毎日、胸を触るたびに不安は募った。6月にかかりつけ医を訪ねると、検査で乳がんと診断された。がんは、しこりのある左胸だけでなく右胸にも見つかった。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです