メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

第1部 くらしの風景 乳がん検診停止、不安(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

コロナ禍で受診控えが広がる中、感染防止を徹底し多くの受診者を受け入れる栃木保健福祉センター=栃木市で10月、玉城達郎撮影

 

埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

 感染の「第2波」に襲われている欧米では、コロナ禍の余波でがん死が増える「隠れた『第3波』」に懸念が広がる。

 ロンドン大などの研究チームは、英医学誌ランセット・オンコロジーで7月に発表した論文で、英国ではコロナ禍に伴う検診の中断や診断の遅れで、乳がんと診断され5年後までに死亡する人の数が最大9・6%増えると推定した。大腸がん、肺がん、食道がんなど主要ながんでも、本来なら命を落とさずに済む死者が相当数増加する可能性があるとした。

 研究チームは「パンデミック(世界的大流行)ががん患者に与える影響を緩和するため、緊急の対策が必要だ」と警鐘を鳴らす。

この記事は有料記事です。

残り2845文字(全文3139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです