メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民投票法案見送り 自・立、次期国会で「結論」

 自民党の二階俊博、立憲民主党の福山哲郎両幹事長は1日、国会内で会談し、憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案の今国会での採決を見送る代わりに、来年1月召集の通常国会で「何らかの結論を得る」ことで合意した。改正案は2018年に与党などが共同提出して以降、継続審議が続いたが、9国会目となる次期通常国会で採決に至る可能性が出てきた。

 二階氏が採決見送りの方針を示した上で「次の通常国会では、何らかの結論を得ることで合意したい」と提案。福山氏は採決見送りを評価し、「通常国会で、静かな環境の中で粛々と議論し、何らかの結論を得ることは承知した」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです