メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

コロナ禍、厳しい出産事情 助産師に頼れる仕組みを=賀川智子(東京地方部)

斎藤さんと生まれたばかりの長女里帆ちゃん=本人提供

 新型コロナウイルスの終息の見通しが立たず、お産の環境が依然厳しい。10月21日に厚生労働省が発表した5~7月の妊娠届数は前年同期と比べて11・4%減。このままでは「子どもを産みたい」と考える女性や家庭が減り、少子化がますます進んでしまう。

 菅義偉首相は、この妊娠届減の背景にある、コロナ禍における妊産婦の窮状をご存じだろうか。感染者数が多い都会ではまさに四面楚歌(そか)である。

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文1866文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです