メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7~9月経常益、前年比で28%減 6四半期マイナス

 財務省が1日発表した2020年7~9月期の法人企業統計によると、金融・保険業を除く全産業の経常利益は前年同期比28・4%減の12兆3984億円となり、6四半期連続でマイナスだった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で46・6%減に落ち込んだ4~6月期より減少幅は縮小したものの、依然、厳しい状況が続いている。

 業種別では製造業が27・1%減。世界的な自動車販売の減少で輸送用機械が38・8%減と低迷した。非製造業は29・1%減。運輸・郵便業が114・7%減となったほか、飲食や旅行などサービス業も54・7%減と不振だった。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです