メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界成長率0.8ポイント下げ コロナ重荷 OECD21年予測

 経済協力開発機構(OECD)は1日、最新の経済見通しを発表した。2021年の世界の実質経済成長率は前回9月予測から0・8ポイント下方修正し、4・2%になるとした。20年はマイナス4・2%と0・3ポイント引き上げた。世界各地で再拡大する新型コロナウイルス感染が経済回復の重荷となる状況が続きそうだ。

 21年の日本の成長率は2・3%と、前回予測の1・5%から上方修正した。東京オリンピック・パラリンピックが開催されれば一時的に消費や輸出が増えるとみているが、訪日旅行の減少を考えると、当初想定したほどの押し上げ効果は見込めな…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです