メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン氏、多様性重視 財務長官にイエレン氏 米次期政権 経済閣僚・高官、経験者登用

 米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領は11月30日、新政権の経済政策を担当する主要閣僚・高官を発表した。財務長官に米連邦準備制度理事会(FRB)前議長のジャネット・イエレン氏(74)を指名したほか、大統領経済諮問委員会(CEA)などの主要ポストに有色人種や女性を起用するなど政権内の多様性を重視。いずれも副大統領を務めたオバマ政権で経済政策に関わった経験者を登用した。

 イエレン氏はオバマ政権時の2014年から4年間、女性初のFRB議長を務めた労働経済学の専門家。上院の承認を得れば、女性初の財務長官に就任する。バイデン氏は、新型コロナウイルス危機からの景気回復を財政・金融政策一体で支えるため、金融政策に精通したイエレン氏にかじ取りを委ねた。

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. コロナ病床増へ勧告 拒否なら院名公表 感染症法改正案

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです