メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹子トンネル事故8年 息子の未来、見たかった 捜査終結、割り切れぬ遺族

笹子トンネル事故で亡くなった森重之さんの墓の前で手を合わせる父和之さん(左)と母美世さん=東京都文京区で11月27日、金子昇太撮影

 中央自動車道笹子(ささご)トンネル(山梨県大月市)で2012年、天井板が崩落した事故は2日、発生から8年となる。9人もの命が失われた責任の所在を調べる捜査は今春、誰の刑事責任も問われないまま終結した。今も悲しみの中にある遺族は、割り切れない思いを抱いたまま命日を迎える。

 11月27日、東京都文京区の寺院。事故で犠牲になった会社員、森重之さん(当時27歳)の父和之さん(69)=茨城県=と母美世さん(67)=同=の姿があった。2人は毎年12月の追悼慰霊式の前と月命日に、長男である重之さんの墓があるこの寺院を必ず訪れている。この日、墓前で手を合わせた美世さんは「写真の中の重之はそのままで、私たちは月日の流れとともに老いていく。(年を重ねた)重之の顔はどうなっていたんだろうと考える時がある」とつぶやいた。

 ずっと親元で暮らしていた重之さんが実家を出たのは12年2月のことだ。都内のシェアハウスで同世代の若者らと住み始めた。事故が起きたのは、その10カ月後。シェアハウスの仲間たちと山梨県を旅行した帰り道だった。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです