メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

公衆電話 宮崎県都城市・塚野安枝(小学校職員・47歳)

 先日、食後の散歩に5歳の娘と自宅前の公園に出掛けた。夜の公園は、子供の声でにぎわっていたお昼の様子とは違い、不気味なほど静かで、数カ所の街灯がブランコやベンチを静かに照らしていた。

 しばらく歩くと風が冷たく感じて、そろそろ帰ろうとしたとき、西側出口に煌々(こうこう)と光る明かりと一台の公衆電話を見つけた。恐らく最近設置されたのだろう。真新しい電話の透明扉は誰の手あかもついていないほどきれいだった。

 興味津々の娘に「おばあちゃんにかけてみる?」と聞いてみると、目をキラキラさせて「うん!」と答えた。ちょっと重い受話器を耳にあてると、受話器の向こうからいつもの声が聞こえてきた。娘は「わー」と歓声を上げ、うれしそうに話し始めた。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです