新型コロナ 電子決済、自治体還元策の効果は? 政策研究大学院大学・高田寛文教授、新海聡弁護士の話

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

時代に合った政策 地方自治に詳しい政策研究大学院大学の高田寛文教授の話

 公費で地域の景気刺激策を行うことは、自治体の役割の一つとして意義がある。かつては公共事業によるものが主流だったが、キャッシュレス決済を後押しする補助金としても位置づけ、今の時代に合った景気刺激策と言える。自治体側は、タイアップする民間企業の選定過程を見…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集