メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明、75歳以上の医療費引き上げ先送り要請 「コロナ禍で状況大きく変化」

公明党本部=東京都新宿区で、曽根田和久撮影

 公明党の竹内譲政調会長は2日、加藤勝信官房長官を官邸に訪ね、政府が検討する75歳以上の医療費窓口負担引き上げを巡り、結論の先送りを求める菅義偉首相宛ての申し入れ書を手渡した。新型コロナウイルスの感染拡大により国民の負担が増加する中、医療機関への受診減で公費負担が減っている現状に触れ「コロナ禍で状況が大きく変化している」と指摘し…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです