メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

香港の民主活動家、周庭氏(左)と黄之鋒氏=香港で2019年8月、福岡静哉撮影

 香港の地方裁判所は2日、2019年6月にあった警察本部への抗議デモを巡り、無許可集会扇動罪などに問われた民主活動家の周庭氏(23)に対し、禁錮10カ月の実刑を言い渡した。周庭氏が実刑判決を受けるのは初めて。現地メディアが報じた。

 同罪などに問われたいずれも民主活動家の黄之鋒氏(24)、林朗彦氏(26)にも、それぞれ禁錮13カ月半と7カ月の実刑判決が言い渡された。

 3氏は19年8~9月に逮捕され、その後、保釈された。3人は前回公判までに有罪判決を受け、11月23日の公判で保釈継続が認められず、拘置所に勾留されていた。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです