メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

香港の民主活動家、周庭氏=香港で2019年8月31日午後5時46分、福岡静哉撮影

 香港の地方裁判所は2日、2019年6月にあった警察本部への抗議デモを巡り、無許可集会扇動罪などで有罪判決を受けていた民主活動家、周庭氏に禁錮10月の量刑を言い渡した。現地メディアによると、周氏は上訴申立期間中の保釈を申請したが却下され、収監された。周氏が実刑判決を受けて収監されるのは初めて。量刑を聞き、周氏は涙を流したという。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです