コロナ終息願って 初詣用の破魔矢など準備着々 滋賀・多賀大社

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
えとの丑(うし)にちなんだ絵馬を矢に結びつけていった=滋賀県多賀町多賀の多賀大社で2020年12月1日午前11時9分、伊藤信司撮影
えとの丑(うし)にちなんだ絵馬を矢に結びつけていった=滋賀県多賀町多賀の多賀大社で2020年12月1日午前11時9分、伊藤信司撮影

 初詣に向けて多賀大社(滋賀県多賀町多賀)で1日、破魔矢などの製作が始まった。

 社殿の一室で、みこの桜夢花さん(24)と奥田希亜(のあ)さん(19)が、破魔矢や鏑矢(かぶらや)に絵馬を結びつけていった。お札やお守りなども含め約100種類、15万点の縁起物を準備する。みこを務めて7年目という桜さんは「…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

あわせて読みたい

注目の特集