女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」 発足2年、企業の支援受け躍進

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「神戸ファストジャイロ」の山本友梨奈さん(前列、左から2人目)、岡田恵梨香さん(同3人目)、用貝涼乃さん(後列、右から1人目)=神戸市で2020年10月24日午後0時12分、韓光勲撮影
「神戸ファストジャイロ」の山本友梨奈さん(前列、左から2人目)、岡田恵梨香さん(同3人目)、用貝涼乃さん(後列、右から1人目)=神戸市で2020年10月24日午後0時12分、韓光勲撮影

 セーラー服柄のユニホームに身を包んだ女子選手が体をぶつけ合い、楕円(だえん)球をパスして芝生を駆け回っている。発足から2年となる神戸市の女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」。日本代表を目指す選手が出るなど、チームは着実に力をつけてきている。【韓光勲】

 流通科学大学(同市西区)の女子ラグビー部を母体に、2018年に発足。神戸市の海運会社「早駒運輸」が出資し、現在は社会人や大学生ら15人が所属する。

 チーム発足のきっかけは、女子ラグビー人気が高まる一方で、高校生以上の選手が県外に流出していたことだった。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1057文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集