メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

横浜市立大付属病院

 横浜市立大の研究チームは2日、新型コロナウイルス感染症から回復した人の98%が、感染6カ月後にもウイルスの感染力を無くす抗体を保有していたとする中間解析結果を発表した。実際に感染をどの程度防げるかは不明だが、人工的に抗体を作ることを目指すワクチンについて、チームは「(効果の持続性に)一定の期待を持たせるものだ」としている。

 ウイルスに感染すると体内で抗体が作られ、同じウイルスが侵入してきたときに攻撃する免疫が得られる。だが、新型コロナ感染者の抗体の持続期間については分かっていない部分が多い。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです