特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

鳥取大病院が入院受け入れ一時停止 臨床実習の医学部生がコロナ感染

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む鳥取大医学部付属病院の原田省・病院長=鳥取県米子市西町で2020年12月2日午後4時1分、柴崎達矢撮影
記者会見に臨む鳥取大医学部付属病院の原田省・病院長=鳥取県米子市西町で2020年12月2日午後4時1分、柴崎達矢撮影

 鳥取県は2日、鳥取大医学部の20代の男女の学生2人=いずれも米子市=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち女子学生は米子市西町の大学付属病院に11月30日と1日に臨床実習で出入りしたため、該当する科を消毒し、新規の入院受け入れを一時停止した。3日から再開する。医学部のある米子キャンパスは今月中旬まで対面講義と部活動を中止する予定。県内の感染確認は計60人となった。

 原田省(たすく)・病院長らによると、新型コロナの診療を含む一般外来や救急外来は通常通り続けるが、緊急手術は重症者に限る。院内での臨床実習や課外活動は当面取りやめる。今回の感染に関連して学生やスタッフら計約100人のPCR検査を進めている。原田病院長は「現時点では感染は完全に制御されている。病院にかかることにちゅうちょする必要はない。体調がおかしい場合は受診してほしい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文574文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集