メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

国立競技場=東京都新宿区で2020年10月16日午後2時26分、本社ヘリから

 政府は2日、来夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策の中間整理を公表した。国内外で感染拡大が続く中、対策は複雑を極め、観客数の上限や海外の観客の受け入れの判断は来春に先送りせざるを得なかった。感染対策費も全体像が描けておらず、課題山積のまま年を越す。

4~5日置きの検査は現実的に可能か

 政府が首相官邸で東京都、大会組織委員会と開いた会合でまとめた51ページにわたる中間整理は…

この記事は有料記事です。

残り2131文字(全文2333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです