メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル、宮崎県で感染拡大か 都農や都城でも陽性 日向は高病原性と確認

鳥インフルエンザが発生した養鶏場で消毒などを進める県職員ら=宮崎県都農町で2020年12月2日午前10時45分、本社ヘリから徳野仁子撮影

 宮崎県は2日、都城市高崎町の養鶏場で死んだ鶏などから鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県内ではこれまでに日向市と都農(つの)町で感染が確認されているが、県西部の都城市とは離れており、広域で感染が広まりつつあることに関係者の危機感は一層強まっている。

 県によると、都城市の養鶏場から2日午後0時40分、「70羽以上が死んだ」と通報があった。県が死んだ鶏11羽、生きた鶏2羽の計13羽を簡易検査した結果、12羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。

 遺伝子検査で高病原性の疑いが強い型が検出されれば、この養鶏場が飼育する約3万6000羽を殺処分し、埋却する。養鶏場外への鶏や卵の搬出が制限される半径3キロ以内には12の農場があり、約58万羽を飼育。区域外への搬出が禁止される半径3~10キロ以内には82の農場があり、約380万羽が飼育されている。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです