メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

コロナ交付金の使い道について答弁する山口祥義知事=佐賀市で2020年12月2日午前10時52分、竹林静撮影

 佐賀県議会11月定例会の一般質問が始まった2日、新型コロナウイルス対策を支援する国の地方創生臨時交付金の使い道を巡って論戦が交わされた。登壇した議員からは「なぜこの時期に、この事業なのか」といった厳しい質問が噴出。説明責任を問われた山口祥義(よしのり)知事は「できる限り県民の納得感を増やして、オール佐賀で進めたい」と理解を求めた。【竹林静、池田美欧】

 同交付金を活用した県の事業では、佐賀空港内で利用者が「密」にならず分散するようキッズスペースなどを新設する「宇宙をテーマにした多目的スペースの整備費」に計2400万円▽飛沫(ひまつ)防止のため勤労身体障害者教養文化体育館(佐賀市)のトイレを洋式に改修する事業に約6700万円▽新型コロナ感染者への差別をなくすために県庁に「佐賀誓いの鐘」を設置する事業に約780万円――など、使い道が疑問視されている…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです