「認知症で心神喪失」訴え、異例の再審請求 万引きで有罪の70代男性 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 スーパーで万引きをして有罪判決を受けた大阪市城東区の70代男性が3日、事件当時は認知症で心神喪失状態だったとして、大阪簡裁に裁判をやり直す再審を請求した。判決の約2カ月後に起こした別の万引き事件で精神鑑定が行われ、男性は衝動の抑制が難しくなる「前頭側頭型認知症」と診断され、無罪判決を受けた。弁護側はこの鑑定書に加え、有罪とされた事件当時も認知症の影響があったとする医師の鑑定書を新証拠として提出し、再審無罪を求める方針だ。

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2204文字)

あわせて読みたい

ニュース特集