メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡部暁斗 銀鏡に向かう

なぜスポーツをし、どこに向かうのか ノルディック複合・渡部暁斗の問い

ノルディックスキー複合の渡部暁斗=ファーストトラック提供

 スキージャンプと距離(クロスカントリースキー)の異なる能力が求められ、その王者は「キング・オブ・スキー」と称されるノルディック複合。2014年ソチ、18年平昌の2大会連続で銀メダルを獲得した渡部暁斗選手が、競技に対する考えや日々感じることなどを、銀メダルを鏡と見立てたタイトル「銀鏡に向かう」のコラムで、独自の言葉で発信します。

    ◇

 なぜ自分はスポーツをするのか、どこに向かうのか、人はなぜ結果を求めるのか――。新型コロナウイルスで世界の動きが停止し、緊急事態宣言で家の中にいることが増え、根本的なことを考える時間があった。

 医療従事者、食べ物の確保などがまずは必要で、物事の優先順位がはっきりした時、スポーツや選手が存在する意義に疑問を持った。…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです