メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

菅義偉首相の評価や政権への注文などを語る立憲民主党の江田憲司代表代行=東京都千代田区で2020年11月24日、佐々木順一撮影

 菅義偉政権が誕生し、初の与野党論戦となった臨時国会は5日、会期末を迎える。そんな中、予算委員会で「首相を最も知る野党議員」として対峙(たいじ)したのが、立憲民主の江田憲司代表代行(64)だ。首相が初当選した際の選挙を手伝い、その後も交流を続けてきた江田さんの「菅評」とは。

 江田 まさかこんな日が来ようとは、大変失礼ながら想像しませんでしたけれども、それは一番ご本人がお思いなんじゃないでしょうか。

 首相 こうして私が(首相の)この椅子に座るとは、夢にも思っていなかったんです。

この記事は有料記事です。

残り2747文字(全文2987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです