メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

子なく、財産を団体に遺贈したい

山本建 生活の窓口 統括マネジャー

 Q 子なく、財産を団体に遺贈したい

 夫婦2人で子がいないので、いずれ最後に残された我が家の財産をNGOやNPOに遺贈寄付したいと考えています。金融資産や不動産を遺贈寄付する際の注意点を教えてください。(80代、女性)

遺言書で執行者選び、課税に注意

 A 金融資産のうち現預貯金に関してはどの団体でも遺贈寄付を受け付けてくれます。遺贈寄付は故人の意思表示によって成立しますので、寄付先の団体に事前に連絡をする必要はありません。ただし、金融資産でも株や投資信託などの有価証券や不動産は換価してから寄付するように求められる場合が多いので、注意が必要です。

 換価の際は法定相続人がいる場合には全員の同意が必要です。お子様がいないとしても、ご兄弟がおられる場合は法定相続人になり得ますので、面倒な手続きを回避するためにも遺言書で遺言執行者を選任しておきましょう。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです