連載

花谷寿人の体温計

政治や社会の出来事が人々に与える影響を「体温」として読み解く、花谷寿人論説委員のコラム。

連載一覧

花谷寿人の体温計

椅子の家

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 冬枯れの遊歩道は肌寒く、人影もまばらだ。

 東京都庁を見上げる新宿中央公園。ここを舞台にした小説がある。藤原伊織さんの直木賞、江戸川乱歩賞作品「テロリストのパラソル」。1995年に発表された。

 公園や周辺にいる路上生活者が登場する。彼らがいなければ小説は成り立たなかった。

 10年以上前に訪れた時も、家のない人たちがブルーシートで覆った小屋を建て、暮らしていた。今は跡形もない。整備が繰り返され、美しい芝生が広がる。都民のオアシスになった。

 ベンチがあちこちにある。木や金属の仕切りが設けられている。仕切りがじゃまになり、横になって眠ることはできない。排除された彼らはどこへ行ったのか。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文877文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集