メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第87回書壇院展 思いを深く巡らせた言葉

飯山素木「四十八年……」

 第87回書壇院展(4~11日、東京・上野の東京都美術館)は、ベテラン書人の作を読み進めてみたい。

 飯山素木さん「四十八年四十八年君もわれもつまにめぐまる……」=写真[1]=と、柳田純一さん「鶴齢となりて汗噴く噴かぬもよし……」=同[2]=は、思いを深く巡らせて言葉が選ばれていて、書き進める書人の心境が伝わってくる。

 ほか、長井蒼之さん「春雪満空來……」▽小林畦水さん「六轡如絲」▽柳澤朱篁さん「両鬢入秋浦……」▽町田玄洞さん「粛々天気清……」▽水野澄篁さん「細草微風岸……」など中核書人が堂々たる書技を披露している。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです