連載

書の世界

書の展示会から注目の作品を紹介します。

連載一覧

書の世界

第87回書壇院展 思いを深く巡らせた言葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飯山素木「四十八年……」
飯山素木「四十八年……」

 第87回書壇院展(4~11日、東京・上野の東京都美術館)は、ベテラン書人の作を読み進めてみたい。

 飯山素木さん「四十八年四十八年君もわれもつまにめぐまる……」=写真[1]=と、柳田純一さん「鶴齢となりて汗噴く噴かぬもよし……」=同[2]=は、思いを深く巡らせて言葉が選ばれていて、書き進める書人の心境が伝わってくる。

 ほか、長井蒼之さん「春雪満空來……」▽小林畦水さん「六轡如絲」▽柳澤朱篁さん「両鬢入秋浦……」▽町田玄洞さん「粛々天気清……」▽水野澄篁さん「細草微風岸……」など中核書人が堂々たる書技を披露している。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文979文字)

あわせて読みたい

注目の特集