メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

写真 制約大きく 時代の変わり目=竹内万里子(写真批評家)

東京オペラシティ・アートギャラリーで開催中の「生誕100年 石元泰博写真展」=2020年10月9日午後2時21分、高橋咲子撮影

 新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、写真を取り巻く環境にも大きな影響を与えた。撮影のための移動や人的接触が困難になったばかりか、作品発表の機会も大きく制限されたからである。

 コロナ禍による経済的打撃もこの状況に追い打ちをかけた。1926年に創刊された日本最古の総合カメラ誌『アサヒカメラ』が広告費の激減により7月号をもって休刊。68年以来、写真文化の普及・向上を支えてきた銀座ニコンサロンも10月で閉館した。その一方で、今年で8回目を迎える「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」はスポンサーの撤退・縮小により資金難に陥ったが、クラウドファンディングで700人以上から1000万円以上を集めて無事開催に至った。この一連の出来事は、カメラメーカーに大きく支えられてきた国内写真界の時代の変わり目を象徴していると言えよう。

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです