メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棋界新時代

囲碁で会話不足解消 囲碁 王銘琬九段

王銘琬九段

 囲碁は別名が多い。「烏鷺(うろ)」は碁石の色、「方円」は道具の形と文字通りですが、「爛柯(らんか)」になりますと、碁を打つと時間を忘れる伝説から来ていますので、知らないとピンとこないかもしれません。なるほど、と思わせるのは「手談」、囲碁は人間にとって、まさに「手による会話」なのです。

 早期のコンピューター囲碁に「ハンドトーク」というチャンピオンソフトがありました。その頃は「機械学習」の機能がないので、一から全てを教えるよりありません。そのため囲碁をよく知る人でなければ、強いソフトは作れませんでした。「ハンドトーク」の作者は、囲碁の一番大事な要素「手談」から名付けたのでしょう。

 私は囲碁を勉強するため13歳で日本に来ましたが、日本語をしっかり習ったことがありません。なぜなら囲碁をやっている分には不自由がなかったからです。先生方が何を言っているのか、盤面を通じて自然と理解できました。囲碁の一手一手は違う形での一つ一つの言葉、先生の話すことに対応し、補足してくれます。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです