田村市長、有権者にハム 年に数件贈答 公選法違反の恐れ /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
選挙区内の有権者への贈答について記者会見する本田仁一・田村市長=福島県田村市役所で2020年12月2日午後2時35分、笹子靖撮影
選挙区内の有権者への贈答について記者会見する本田仁一・田村市長=福島県田村市役所で2020年12月2日午後2時35分、笹子靖撮影

 田村市の本田仁一市長は2日、市役所で記者会見し、市内の有権者にハムの詰め合わせを贈っていたことを明らかにした。公職選挙法が禁じている政治家の選挙区内での寄付に当たる疑いがあるが、本田市長は「受け取った贈答品に対して同等の品を返した。私は利益を受けず、相手にも与えていないということで正当化していたが、違法かどうかは司法の判断に委ねるしかない」などと述べた。

 市長によると今年8月、地区後援会長の建設業者から自宅に「高級そうな酒2本と大きなスイカ2個」などが届いた。市長としては受け取れないが「角を立てたくない思い」から、市の第三セクター「ハム工房都路」の社長として受け取り、返礼品として自社製のハム詰め合わせ(3000円程度)を自分1人で持参した。費用は自費だった。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文543文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集