連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

NTT東、頂点に王手 セガサミー延長で涙(その1) /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【NTT東日本-日本新薬】八回表NTT東日本2死一塁、打者・火ノ浦の時、下川が二盗を決める(野手・板倉)=東京ドームで2020年12月2日、手塚耕一郎撮影
【NTT東日本-日本新薬】八回表NTT東日本2死一塁、打者・火ノ浦の時、下川が二盗を決める(野手・板倉)=東京ドームで2020年12月2日、手塚耕一郎撮影

右腕・大竹力投光る

 第91回都市対抗野球大会第11日の2日、準決勝に都勢2チームが登場し、NTT東日本が前回優勝した2017年以来3年ぶりの決勝進出を決めた。初の決勝を目指したセガサミーは、延長十回タイブレークの末に敗れた。第1試合でセガサミーは狭山市・ホンダから中盤にリードを奪ったものの九回に追いつかれ、最後は2―6と突き放されて力尽きた。第2試合でNTT東日本は京都市・日本新薬との息詰まる投手戦となったが、1―0で逃げ切った。DHの桝沢怜選手の適時打で1点を奪い、先発のベテラン右腕・大竹飛鳥投手の力投が光った。決勝は大会最終日の3日午後6時から。NTT東日本は優勝旗の黒獅子旗を懸けてホンダと激突する。【川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1195文字)

あわせて読みたい