メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊橋の学校で給食にウナギ 市が生産者支援 /愛知

給食で提供された愛知県産ウナギを使った「うなまぶし」をおいしそうに食べる児童=愛知県豊橋市の市立中野小学校で

 豊橋市は12月から、新型コロナウイルスの影響で需要が減っている県産のウナギを、市内の小中学校と特別支援学校の給食の献立に取り入れ提供を始めた。地域の農林水産物を給食に使うことで新型コロナで打撃を受けた生産者を支援する国の緊急支援の一環。市は年内に児童・生徒向けの計3万3730食分に約2トンのウナギを使う。

 市立中野小では、かば焼きのウナギを細かく刻んで「うなまぶし」として出し、ご飯と一緒に児童らが味わった。5年の教室では栄養教諭の桑名清子さんが「ウナギはおいしいだけでなく、栄養価も高い」と紹介。北林星夏さん(11)は「とてもおいしかった。今年食べることができて良かった」とうれしそうだった。

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです