メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歳末特別警戒 思い入れある地、安全に 武豊さんが本部長 県警 /滋賀

歳末特別警戒本部長に任命された武豊さん(中央)=大津市打出浜の滋賀県警本部で、菅健吾撮影

 県警や地域防犯団体による歳末特別警戒が1日、始まった。日本中央競馬会(JRA)の通算最多勝利記録を持つ武豊騎手が特別警戒本部長に任命され、「地域の連帯感、絆を強めて、自分たちの町を守る思いを胸に頑張りましょう」と訓示した。武さんは県内で幼少期を過ごしており、県民にも人気があることから、県警は高い啓発効果を期待している。

 歳末特別警戒は1日から2021年1月3日まで。12月10日までは事件事故防止のための啓発活動に力を入れ、11~31日は飲酒運転などの取り締まりを重点的に実施。1月1~3日は交通事故と雑踏事故の防止活動を行う。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです