連載

第91回都市対抗野球

毎日新聞デジタルの「第91回都市対抗野球」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

第91回都市対抗野球

京都市、最後まで全力 東京都に惜敗、決勝ならず /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都(NTT東日本)-京都市(日本新薬)】六回裏京都市1死一塁、板倉が左前打を放つ=東京ドームで、平川義之撮影
東京都(NTT東日本)-京都市(日本新薬)】六回裏京都市1死一塁、板倉が左前打を放つ=東京ドームで、平川義之撮影

 東京ドームで開催中の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社など主催)に出場している京都市(日本新薬)は大会第11日の2日、準決勝で東京都(NTT東日本)と対戦した。先発・西川(にしがわ)大地投手(26)が1失点と好投したが、好機にあと1本が出ず、0―1で惜敗。初の決勝進出は果たせなかった。それでも、最後まで勝利を諦めずに白球を追い、打席でフルスイングするナインの姿に、市民らはスタンドやオンライン中継などで熱い応援を送り続けた。【中島怜子】

 1点を追う九回裏。チーム全体で2安打と相手投手陣を打てずにいた京都市に、代打が告げられる。控え選手として仲間を鼓舞する「Are you ready?」リーダーを務める大畑建人選手(29)だ。初球を思い切り振った打球は、右翼へと飛んでいく。あわや本塁打という大飛球は無情にも、相手選手のグラブに吸い込まれる。天を仰ぐ大畑選手。その後も打線は沈黙し、栄光の黒獅子旗へとつながる勝利は果たせなった。

この記事は有料記事です。

残り1542文字(全文1960文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい