メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインで接客研修 支援学校生へ就労支援 /大阪

ウェブ会議システムでつないだスタッフを見本にお辞儀を練習する大阪府立生野支援学校の生徒ら=大阪市生野区の同校で、野口由紀撮影

 障害のある生徒の就労を支援しようと、府立支援学校で、コンビニ大手「セブン―イレブン・ジャパン」の協力でオンラインを活用した研修があり、10校の生徒162人と教員33人が参加した。府立支援学校では、2016年度から同社の研修センターであいさつやレジ打ちなどの研修を受けてきたが、20年度は新型コロナウイルスの影響で、対面研修からオンライン研修に切り替えた。

 この日は支援学校10校と同社の講師を、ウェブ会議システムで接続。同社の歴史や商品・サービスに関するクイズで緊張をほぐした後、接客業の練習として「いらっしゃいませ」や「少々、お待ちくださいませ」など接客でよく使う言葉を発声し、同社のスタッフを見本にお辞儀の方法を練習した。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです