愛称は「きんぎょの駅」 市民交流館、情報発信強化 大和郡山 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
市民交流館前に設けられた「お城水槽」=大和郡山市で2020年11月27日午前11時46分、熊谷仁志撮影
市民交流館前に設けられた「お城水槽」=大和郡山市で2020年11月27日午前11時46分、熊谷仁志撮影

 大和郡山市は、JR関西線・郡山駅東側の「市民交流館」(同市高田町)の愛称を「きんぎょの駅」に決めた。入り口に「お城水槽」や「金魚のオブジェのイルミネーション」が新たにお目見え。館内では、従来のタイヤ水槽などの変わり種水槽に加え、金魚の美術工芸品も展示し、情報発信を強化する。

 中心市街地にある「やなぎまち商店街」で…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文239文字)

あわせて読みたい

ニュース特集