新型コロナ 感染、会食が34% 経路で最多に 患者の3割20代 広島市内状況 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島市は2日、11月の新型コロナウイルス発生状況について、会食が原因とみられる感染経路が34%を占めたと発表した。7~11月の全体では17%で、急増している。また、患者の3割近くが20代で、若い世代に感染対策の徹底を呼びかけた。

 市によると、11月に判明した感染者数は141人。年代別では、20歳未満6・4%▽20代29・8%▽30代20・6%▽40代14・2%▽50代19・1%▽60代以上9・9%――だった。推定感染経路は会食が最多で、これまで最多だった家庭内の23%を上回った。11月…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集