メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

新型コロナ 欧州、苦肉の封鎖緩和

クリスマス商戦に向けたデパートのショーウインドーに見入る人々=パリで2020年11月28日午後2時ごろ、久野華代撮影

 新型コロナウイルス感染の第2波に襲われている欧州各国で、クリスマスを前にロックダウン(都市封鎖)などの規制を一部緩和する動きが出ている。行動制限による「コロナ疲れ」や経済低迷への不満をやわらげる狙いがあるが、対策を緩めることによる感染の再拡大も懸念されている。【パリ久野華代、ロンドン横山三加子、ベルリン念佛明奈、ブリュッセル岩佐淳士】

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. ジョー・バイデンと読める福島・須賀川のバス停「上梅田」 SNSなどで話題に

  4. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです