メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

GoTo予算を医療支援に=元高校理科教諭・山崎博文・68

 (大阪市淀川区)

 「GoToキャンペーン」の一部が見直されたが、どう考えてもおかしい。そもそもこのキャンペーンは「感染収束後の経済対策」として計画されたものだ。それが前倒しで実施され、現在は収束どころか、感染が拡大している。市中感染の急速な広がりが懸念され、医療態勢が逼迫(ひっぱく)する深刻な状況である。

 私には、人々の移動を活発化させる「GoTo」は、税金を使って感染を拡大させているように思えてならない。今、税金は医療機関への支援、つまり検査の拡充や療養施設の確保、医療従事者への手当支給などに使うべきだ。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです